エアコン暖房ってどんな感じ?【乾燥対策】

Tips

セキスイハイムでは「あったかハイムキャンペーン」が今年も始まっていますね!
「あったかハイム」というのは高気密・高断熱構造と、セキスイハイムのウリでもある”快適エアリー”という床下設置型全館空調システムを組み合わせることで家中が常に温かい!しかも省エネ!という素晴らしい機能のことです。

広告
快適エアリー、採用しませんでした。
セキスイハイムの主要装備のひとつである「快適エアリー」とは、"空調システム"のことです。 セキスイハイムの特徴でもある"ベタ基礎"内に空調機械を設置し、そこからダクトを通して床の吹出口から暖房・除湿を行うようになっています。(足元を冷やさ...
セキスイハイムの第1種換気「エアファクトリー」について
エアファクトリーの検証記事は↑コチラ↑ SPSホームではセキスイハイムの第1種換気および熱交換換気システムである「エアファクトリー」を採用しています。 セキスイハイムカタログより こちらの記事でも少し触れま...

SPSマンはそのあったかハイムの一端を担う快適エアリーを採用せず、その下位互換とでも言うべきエアーファクトリーを採用しました。
快適エアリーの仕組みはエアーファクトリー+エアコンですので、

ZEH対応エアコン「白くまくん」の性能と価格は?
国にZEHの申請をするにあたり、主たる居室と主寝室にエアコンを設置した状態で住宅の性能計算書を提出しなければなりません。 セキスイハイムから法人購入するよりも電気屋で買ったほうが安いとアドバイスを受けた家電類ですが、エアコン2台だけはロー...

当面は日立のしろくまくんに頑張っていただき、部屋をあっためる→エアファクトリーに温まった空気が送られる→エアファクトリーから全室に温まった空気が送られる、という力技で冬を乗り切って行こうと考えております!「半あったかハイム」といった具合ですね!

従ってこれからエアコンで暖を取るワケなんですが…

SPSマン
SPSマン

…エアコン暖房、使ったことないんですよね~!

今まで暖房はもっぱらコタツ+灯油ストーブで生きてきました。実家ではストーブの上にヤカンが置けるヤツでした。あれはいいんですよ~、乾燥しないし、ヤカン以外にも焼き芋とか出来たりするんですよ…。

とまぁ、エアコン暖房がどんな感じか知りませんでしたので、今年の冬はアパートに備え付けのエアコンの暖房のみで生活してみよう!と思ったわけであります。

引っ越しも控えているのにコタツのためだけにローソファを買った奴がいるらしい。
SPSマン 私で~す!! いや~!コタツを出すのに合わせて買っちゃいましたね~! 新居ではコタツは使わない予定なんですけどね~!やっちゃいましたね~! コタツとローソファの組み合わせは...

コタツは許される。

エアコン暖房生活試験

冷え込んできた11月初頭からエアコン暖房生活を始めてみました。
ちなみに暖房の設定温度は20度、暖房の対象となるLDKの広さは16帖程度です。
この条件で3週間程度過ごしてみた感想が以下でございます。

広告

寒くはない

という表現が最もしっくり来ます。寒くはない。暖かくもないけど。
設定温度が低めだからというのもあるでしょうが、室内でも冬らしい服装をしないと辛いものがありました。
施主ブログでよくある「高気密高断熱と暖房のおかげで年中半袖半ズボンです♪」というのはちょっと無理そうです。特に足元が寒いですね!

風が気になる

これは一条工務店の営業さんに聞いた話なのですが、エアコンの暖房というのは温風を送ることで温めますので、どうしても人間に風があたります。このせいで実際の温度よりも体感的に寒く感じてしまうそうです。

へぇ~!という感じですが、SPSマンはむしろ風が当たること自体が気になりました。

音が気になる

エアコンの稼働音がけっこう大きいです。アパートに備え付けのものは2009年製のものなのでガタが来ている可能性もありますが…。
室外機もかなり大きな音を立てています。室外機は隣の敷地とかなり近い位置に置かれる予定ですので心配です。お互い様という部分もあるのでしょうか…。

乾燥する

メチャクチャ乾燥しますので対策必須です。肌がパリパリになるのが分かります。
対策として現在は「ミスティーガーデン」というものを使っています。

実はコレ、一条工務店の工場見学に行ったとき、家の乾湿対策方法を専門家が教えてくれるコーナーがあったのですが、そこで「唯一オススメできる加湿方法」として紹介されていましたのでその後購入しました。
使い方は受け皿に水を入れるだけで電気は使いません。自然気化に任せる方法のため、過度に加湿される心配が無く、結露しにくかったり壁紙へのダメージが少ないといった利点があります。
洗濯物を部屋干しするのと大体同じでしょうが…まぁ見た目的にこちらに軍配があがるでしょう!

電気代はそんなにかからない

電気の検針日が月半ばですので半月分の計算になりますが、前年11月に対して料金は1,000円アップしただけでした。
設定温度は低いし部屋は狭いし、という条件だからかもしれませんが、まぁ~冬は寒いもんだと割り切って厚着で対応したほうが環境にも財布にもエコなんじゃないでしょうか!

まとめ

というわけで現時点での所感は「慣れないだけで不快ではない」といった感じですかね~。
冬本番はまだまだこれからですので、引き続きエアコン暖房生活試験を続けていきたいと思います!

広告

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました