設備・仕様

リシェルSI最終確認!意外と見つかった改善点とは?

後は工事開始を迎えるだけ、という段階になって色々と変更案・改善点が浮かんできてしまいましたので、変更できるところは変更して行きましょう!
「最終確認終わっとんのに何をゆうとるんやコイツは」とセキスイハイムさんに思われているような気がしないでもないですが、できる限りの最善を尽くすことが後悔しない唯一の方法だと思っておりますので、相談するだけ相談してみましょう!もし変更できないのであれば潔く諦めましょう!

SPSマン
SPSマン

仕方ないね!

記憶にございません

我が家のLDKの顔とも言えるLIXILの最上位グレードキッチンの「リシェルSI」ですが、これの詳細を最初に決めたのは6月22日のことです。この日に頂いた仕様書・見積書を叩き台とし、それなりに頭を捻って収納部分などを再検討して一応の決定となったのですが…

最終仕様確認の日である7月30日までに間取りや窓などを全て決めねばならず、それ以降は銀行とのやり取りが始まり、さらに奥様の壁紙選びの(心の)ケアもしなければならないなど、今思えばかなり忙しい日々でした。

…ですので、というわけではございませんが…自分で決めたキッチンですが…どんな具合に決まっているか…実は…

SPSマン
SPSマン

覚えていません!

三度LIXILへ

というわけでまさかのこのタイミングで営業さんに時間を取って頂き、再三となりますがLIXILショールームに同行して頂きました!最近売れてるみたいで営業さんは忙しそうですね~!がんばれ!

SPSマン
SPSマン

どういうふうに決まっているか、ショールーム内の実物を見ながら確認したいです!

とLIXILの営業さんにお願いしてショールーム内を徘徊していきます。ちなみに今回担当してくれたLIXILの営業さんは前回、前々回担当してくれた二級建築士の人ではなかったのですが、今回の人も余計なことは喋らないタイプの人で奥様的にも好印象ですよ!(何を気にしているんだ)

ではキッチン部の変更から。

大きな変更点はありませんが、まず「キッチンコンセント」を追加しました。我が家の間取りですとキッチンから電源を取ろうとすると、最も近いコンセントは収納部の壁からになります。まさかコードでリンボーダンスするわけにもいきませんので、キッチンコンセントは欲しいオプションでした。
こちらは6月からの新オプションということで、SPSマンも営業さんも見落としていました。

もう一点、ガラスパネルをハーフタイプに変更しました。これを全面タイプに決めたときはキッチンの奥行きを97cmにして、カウンターキッチンとして使用する予定でした。
IHの前もカウンターとして使えるように、全面ガラスにして油ハネ対策をしたというわけです。

【神DIY】ステップカウンター、自作します。

ですがダイニングテーブルを自作してしまおう!という考えに至ったことで、奥行きを75cmタイプに変更。従ってキッチンをカウンターとして使うことは無くなり、ガラスパネルを全面にする必要が無くなりました。
よく考えれば分かりそうなものですが、今回再確認をしなければ気づかなかったと思います。

以上二点を変更して頂き、次は収納部の変更です。

[the_ad id="976"]

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

-設備・仕様

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!