家づくりのヒント

建築士用三角スケールで打ち合わせをスムーズに進めよう!

ハウスメーカー選びも終わり、さぁこれから打ち合わせだ!と意気込んでいる皆様、これから意気込もうとしている皆様、打ち合わせを順風満帆に進めるために持っていると便利な道具があるって知ってました?
SPSマンは打ち合わせのために様々な道具を用意しましたが、その中で特に役立った道具を紹介して行きたいと思います!

三角スケールとは?

三角スケールは図面を見る上で非常に役立つ道具です。
打ち合わせのとき、間取り図は1/50や1/60に縮尺されて出てきます。この間取り図を見て、例えば「キッチンからテレビまでの距離はどれくらいあるんだろう?」とか「今使っているテーブルを置くと人が通るスペースは何センチ取れるんだろう?」と思ったとき、普通の定規で長さを知ろうとしたら、測った長さに縮尺を掛け算しなければ実際の長さは出てきません

図面上の長さ = 実際の長さ * 縮尺
実際の長さ = 図面上の長さ / 縮尺

例で言えば、縮尺が1/50のとき、図面上での長さが5cmだったとすると実際の長さは

5cm / (1/50) = 250cm = 2.5m

となります。
・・・まぁ結局かけ算わり算をするだけとも言えますが、例えばこれが1/60の縮尺で図面上での長さが4.7cmだったとか言われたとき、

となってしまい大変面倒です!
この問題をタチドコロに解決してくれるのが「三角スケール」なのです!

三角スケールの使い方

まずは図面の縮尺を確認しましょう。三角スケールは6通りの縮尺で使えるように作られていますので、図面の縮尺と同じ尺度のところを使います

使い方は至って簡単、測りたいところに当てて長さを測る、これだけです。

試しにSPSホームの図面を測ってみましょう。図面の縮尺は1/50です。
SPSホームは36ユニットと54ユニットの組み合わせです。それぞれのユニットの頭に付く数字はそのまま長さを表しています。36ユニットなら3.6mですね。

こうして三角スケールの1/50のところを36ユニットに当ててみると…

確かに3.6mです!
もしこれを普通の定規で測ろうとしたら、図面上での長さが○○cmで縮尺が1/50だから…
なんて考える必要はありませんね!だって、

SPSマン
僕らには三角スケールがあるんだから!

三角スケールの使い方【応用編】

三角スケールを使って図面上の長さから実際の長さを知る方法をお伝えしました。
では今度は、三角スケールを使って実際の長さを図面上に落とし込む方法をお伝えしようと思います。
実はこれは非常に役立つ機会が多く、家具・家電のスペースを考える際にとても便利です。

では例を使ってご紹介していきます。

SPSホームのリビングに鎮座する予定のソファーの大きさは 273cm * 235cm です。分かりやすさのために、それぞれ2.7m・2.3mとし、座る部分の幅を1.0mとします。

三角スケールの図面と同じ尺度のところを使って…

目盛りの読み通りに線を引くだけです!


尺度が1/50だから273/50で約2.5?2.5ちょい?ん??
なんて考える必要は一切無く、一発でソファーを図示することができました!

SPSマン
ええやろ?

どうでもいいですが、ソファーはもう少し窓寄りにしないと入り口を塞いでしまいますね…☆

家の打ち合わせで三角スケールを用意するなら「建築士用」を!

三角スケールは図面を扱う人ならば必ず持っているツールです。しかし図面というのは間取り図のような小さなものから地図のような大きなものまで様々あり、それぞれの図面に適したツールを使わなければ便利さを発揮できません。

家の打ち合わせのために三角スケールを用意するのであれば「建築士用」を選ぶのが良いでしょう。
建築士用の三角スケールは間取り図・配置図などの縮尺に対応できるように作られています。
なにより、家を作るのが仕事である建築士さんが使っているということであれば、コレにしとけば間違いないですよね。

シンワ測定 三角スケール 建築士用 B-15 15cm 74961
created by Rinker

SPSマンは建築士用15cmのものを用意しましたが、1/50の縮尺で測れる長さが7.5mまでとなっており、もう2m欲しい!と思った場面がややありました
ですので取り回しは悪くなってしまいますが、30cmのものを選べば間取り図のほぼ全てをカバーできるでしょう。

三角スケールを用意して打ち合わせに臨もう!

ハイム営業
コチラがSPSマン様邸の間取り図になります!

SPSマン
どれどれ…。スッ(三角スケール)

ハイム営業
!?(コイツ…できる…!)

三角スケールをおもむろに取り出して、打ち合わせでイニシアチブを取りましょう☆(何と戦っているんだ)

-家づくりのヒント

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!