土地

台風19号により地鎮祭延期!そして裏山の木が・・・

SPSマンが住んでいる地域は滅多に台風がこないことで定評のあるところだったのですが、今回の台風19号については直撃を受け、近くの河川では堤防が決壊し大規模な浸水被害が発生しています。
幸いにもSPSマンが現在住んでいるアパートは何の被害も受けることは無かったのですが、明朝より救急車のサイレンの音やヘリコプターの音がひっきりなしに聞こえてきました。
実家のほうには祖母・伯父一家が避難してきており、最も浸水被害が激しかった地域では現時点も救助活動が続けられています。

今朝方、営業さんから連絡が来たのですが、セキスイハイムは本日の営業は全面停止したそうです。
当然ながら本日予定されていた我が家の地鎮祭も延期され、明日以降から、現在進められている建築現場の確認作業が終わり次第新たに全ての日程の段取りが行われることになりました。

そして裏手に山を抱えるSPSマンの建築予定地ですが、現場監督から"木が倒れてきている"と連絡を受けました。
SPSマンが確認しに行ったときの状況がコチラです。

実物を見ると結構迫力がありました。連絡をもらったとき、「言うてチョコっと倒れてるくらいやろ・・・」なんて考えていましたが、枝の先を持ってみるとかなり重量があり、これだけの質量を持った物体が倒れて来たとしたら家もタダでは済まないなと感じさせられました。
一方でSPSマンはどちらかというと土砂災害のほうを気にしていたのですが、建築予定地並びに近辺の土地にも土砂災害は発生していませんでした。

様々な理想をカタチにするために選んだ土地であり、こういったリスクがあることは重々承知していたはずですが、実際にリスクを目の当たりにしてしまい急に夢から現実に引き戻されてしまいました。

倒木は裏山の持ち主が撤去してくれるみたいです。

地縄張りがしてあった!

とは言え既に融資が始まっており、ユニットも発注されています。選んだモノは仕方が無いとして、災害対策も含め、今後最善を尽くしていく他ありません。

SPSマン
SPSマン

切り替えていこ!

一枚目の写真にチラッっと写っていますが、建物の配置を示す"地縄張り"が既に行われていました。

大抵の施主さんはこの段階で「あれ・・・狭くない・・・?」と感じるらしいですが・・・

SPSマン
SPSマン

・・・広いやん!!

奥様が魂を込めた28畳超えのLDKは縄で囲まれた部分の実に2/3を占めます。打ち合わせで鍛え上げられたSPSマンの鋭敏な距離感覚を元に「こっからここまでがLDKや!キッチンがこの辺やな!」と示すと、奥様も広さに納得してくれたようです。

こちらは南側の庭になるところです。フェンスから縄まで約3mといったところでしょうか。ここに関しては思っていたよりも狭く、庭を広げるために建物を北へずらすか、いやいやそうすると今度は駐車場が狭くなる、など悩ましいところであります。

今回の災害により1月末の引き渡し予定はかなり後ろにズレ込むことが予想されます。しかし本当にどうしようも無いことです。
セキスイハイムを含め、現在建築中のお家が無事に建つことを願い、私達の順番が回ってくるのを楽しみに待ちたいと思います。

[the_ad id="976"]

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

-土地

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!