設備・仕様 間取り・内装

【メリット】引き戸と開き戸どっちがいいの?【デメリット】

実はSPSマンは家のドアというドアを

SPSマン
SPSマン

全部引き戸にしたらええやん!

と考えていました。

書斎がどうしても欲しかったSPSマンですが、限りあるスペースに作ることを考えれば書斎をそんなに広く取るわけには行きません。(広い書斎が欲しかったかと言われればNOですが…)
また、WICの中に書斎というコンセプトがありましたので、書斎のドアを開き戸にしてしまうと書斎かWICのどちらかにドアが開く分のデッドスペースが出来てしまうことになります。
書斎とWIC、どちらもそんなに広く取るわけにはいきませんので、デッドスペースが出来てしまうということはあまり好ましくありません。

そこで「引き戸にしたらええやん!」という考えが出てくるわけですが、この考えを書斎だけではなく家全体に反映させ、

SPSマン
SPSマン

せや!

家中のドアを引き戸にしてデッドスペースを消したろ!

と考えるようになったのです。

営業さんに間取り図を作ってもらう際も、引き戸にできるところは引き戸にして欲しい、と伝えました。

間取り打ち合わせ録② 建築予定地変更!大きさ制限で間取り迷走

間取り打ち合わせ録③ 間取り戦士、怒る。

間取り打ち合わせ録④ 全てのコダワリを成立させることはできるのか!?

図面を見るとほぼ引き戸になっていることが分かると思います。

SPSマン
SPSマン

よしよし!これでムダなデッドスペースを作らない間取りに仕上がったで!

ワイはなんてスマートなんや…!

ところが、それは主寝室の詳細を決めるときでした。

奥様
奥様

開き戸のほうが良いんだけど。

引き戸の"デメリット"

という一声から主寝室のドアは開き戸に変更されました。
奥様には引き戸のメリットを十二分に説明していましたので、家中のドアを引き戸にしたことに対するご理解は得られていたと思ったのですが、ここは単に好みの差が出たという感じです。

しかし、営業さんの次のセリフでSPSマンは"引き戸のデメリット"にようやく気が付きます。

ハイム営業
ハイム営業

開き戸にすると壁が使えるようになりますので、主寝室にテレビボード置けちゃいますね。

引き戸は"床"の代わりに"壁"を使う

今まで"床面積"に関するデッドスペースのことしか考えていなかったSPSマンですが、

セキスイハイムカタログより

引き戸は当然ですが引いて開けなければなりませんので、設置するためにはドアの大きさ分の"壁面積"が必要となり、壁がデッドスペースとなります。

こちらはSPSホームの玄関~LDK周りです。
当初、玄関からLDKへの入り口ドアも引き戸でしたが、ここを開き戸(親子ドアですが)に変更することにより水色部の壁が使えるようになりました。ここの壁面の高い位置にLAN端子を設け無線を飛ばす予定でおりますが、もしここが引き戸のままであったら出来ないことでした。

引き戸の"メリット"

一方で他のメリットもちゃんと存在します。
それは「開けっ放しでも邪魔にならない」ということです。

"普段生活する上では開けっ放しのほうが使いやすいけど、来客があったときなどは閉めたい"ところには引き戸のほうが適しています。
SPSホームで言うと、キッチンから水回りへの動線およびLDKから階段へのドアを引き戸にしており、普段はこれらを開けっ放しにする予定です。

もしこれらのドアが開き戸だったとし開けっ放しにしたら、キッチンから2Fに行こうとするとドアにぶつかってしまいます。
"住む人間の動きやすさ"という点では引き戸のほうが一歩リードという感じです。

開き戸のデメリットを無くす方法

開き戸のメリット・デメリットについては、基本的には引き戸のメリット・デメリットを逆にしたものと考えて良いと思います。

引き戸 → デッドスペースが床では無く壁に生じる
開き戸 → デッドスペースが壁では無く床に生じる

という感じです。

ところで、開き戸の床に生じるデッドスペースを消滅させる方法があります。
それは、"開き戸のデッドスペースを人間の動線にしてしまう"という方法です。

こちらはSPSホーム2Fの子供部屋周りです。どちらも開き戸ですが、人間の動線と垂直であるために邪魔になりえず、かつ「そもそも人が通る場所だからモノなんて置かないよね」という観点からデッドスペースになりえません。

この方法は"開き戸開けっ放しにすると邪魔問題"もカバーしており、間取りが許すのであればとても有効な方法だと思っています。

本日のまとめ

とまぁ、使いやすさ云々を語ってみましたが…

SPSマン
SPSマン

最終的には好みなんじゃないの!(台無し)

ドアについて迷っている方のご参考になれば幸いです☆

[the_ad id="976"]

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

-設備・仕様, 間取り・内装

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!