間取り・内装

オープン階段を採用しなかった理由

間取り図のお話を何回かさせて頂きました。
既にお気づきのかたもいらっしゃると思いますが、SPSホームはオープン階段を採用していません

これは家を建てようと思った当初からのコンセプトで、SPSマンと奥様共通のコダワリでもあります。

オープン階段のデメリット

まずはなぜオープン階段を採用しなかったのか理由をご説明したいと思います。

ズバリ、それは・・・

SPSマン
SPSマン

2Fに行くときリビングを通りたくないからです!!

リビングを通りたくないときもあるでしょ

オープン階段を採用したLDKをよく見ますし、各ハウスメーカーの展示場はほとんどオープン階段となっています。
しかしLDKにオープン階段を設置してしまうと、当然ですが階段を登るためにLDKを経由しなければなりません。コレがいただけない。

オープン階段によって家族が顔を合わせる機会が自然と増えます

なーんて文句が建売の間取り紹介チラシに書かれていたりしますが、家が欲しいなんて思う時はお子さんも小さいでしょうから「素敵やん!」と思うかもしれません。
しかし家はお子さんが大人になっても(もしかしたら)使うものですので、もっと先を見て考えなければなりません。

言ってしまえば、家族と顔を合わせたくないときがあるかもしれないということです。

はぁ・・・自分の部屋に行くにはリビングを通らないといけないなぁ・・・でも親父の顔は見たくないし・・・はぁ、なんだか帰りたくないなぁ・・・

となる可能性がゼロであるとは言い切れません!帰りたくない家に家としての価値がありますか??

来客に備えて

上記はわりと極論ですが、もうひとつ理由があります。それは子供の友達もリビングを通って2Fに行かなければならないということです。

SPSホームの間取り的に、子供たちが遊ぶ場所は2Fホールと子供部屋であると想定されています。
ここに辿り着くためにリビングを経由しなければならないとなると、当然リビングで生活している親御さんに"ご挨拶"する必要が出てきてしまいます。

ご挨拶、大事ですね。当然ですよね。ですが・・・

SPSマン
SPSマン

そんなん要らんで!勝手に入って勝手に遊んでってや!

人様のお家でこれはまずいですが、自分の家ではこんな感じでええやんと思っております!
まぁ本当はこれは建前で

SPSマン
SPSマン

こっちも気使うしな!

これが本音だったりします。

つまりオープン階段にしなかった理由は

家族全員のプライバシーに配慮し、各人にとって使いやすく、帰りたいと思える家にしたかった
からです!

オープン階段のメリット

メリットについては実際に採用している施主様のお話を伺うのが一番良いとは思いますが、SPSマンがどうしても感じているメリットがひとつだけあります。

それは、

SPSマン
SPSマン

階段をLDKに置けるということです!

 

 

「コイツさっきそれがデメリットって言わなかったっけ?」

 

言いました!ですがこれをご覧ください!

これはSPSホーム1Fの階段まわりの間取り図です。
オープン階段にしないことの最大のデメリットは"階段スペースを作らなければならない"ことです。

間取り打ち合わせ録② 建築予定地変更!大きさ制限で間取り迷走

既にお話ししていますが、LDKの広さを重視しすぎた結果、その他1Fに必要な間取りを圧迫することとなってしまいました。この影響をモロに受けたのが階段で、SPSホームの階段はセキスイハイムの規格品では無く、現場制作の省スペース特注品となっております。

しかし如何に省スペースとはいえ、例えばこの階段部分が無ければ間取りはもっと自由だったはずです。洗面室が広がって奥様ご希望の120cm間口洗面台が置けたかもしれませんし、奥様ご希望の小さな畳スペースを置けたかもしれません。

ともあれ、それらを天秤にかけてオープン階段採用しないことを選んだわけですが・・・。

これから打ち合わせを進める方は、オープン階段のオシャレ感だけでなく、家としての使いやすさや間取りの制限なども考えながら採用の是非を検討してみてください。

[the_ad id="976"]

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

-間取り・内装

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!