間取り・内装

間取り打ち合わせ録② 建築予定地変更!大きさ制限で間取り迷走

間取り打ち合わせ録① 54ユニット+45ユニットで奥行き10mLDK

前回の打ち合わせ中に土地を他の人に先に取られてしまったわけですが、一応他に検討している候補地はあったので、その土地で間取りを作成して行くことにしました。(最終的に選んだ土地です)

土地選びのコツ 「時は得難くして失い易し」

すでに土地決済も終わり自分のものとなったこの土地ですが、今考えればこのときの打ち合わせ時に予約くらいしておくべきでした。そうすれば前回のような事態は起きずに済みますし、もしもっと良い土地が見つかれば「やっぱりやめときます」と言うだけで済むからです。

前回提案したこと

では前回の間取り打ち合わせで出た案をおさらいしておきましょう。

書斎を主寝室WICの中へ

SPSマン
SPSマン

引きこもりたいんです!

まさかの引きこもり宣言をしたSPSマンですが、WICの中に書斎というのは自分ではかなりいい案だと思っています!
というのも書斎ってそもそも何のためにあるの?という話でして、もし書斎を設けるとしたらほとんどの人が趣味や好きなことに没頭・集中するための空間にするのではないでしょうか?
その点、主寝室の中のWICの中の書斎という作りはプライベート空間を二重に抜ける必要があるため、かなりパーソナルな空間にすることができます
またSPSマンの書斎はある程度の広さを確保し、小さめのベッドも置けるようにしてもらいました。寝床があると秘密基地感がより増しますね!

バルコニーへの動線を増やす

バルコニーが無いお家も増えているようですが、SPSホームではバルコニーを採用しました。SPSマンも奥様もバルコニーのある家で育ったため、「あることが普通」みたいな感じはありました。
ですので「バルコニーで○○をしたいから採用しました」という理由はありませんが、少なくとも布団を干すくらいは用途の想像ができます。その際、バルコニーへの入り口が主寝室からだけだと、わざわざ主寝室を(しかも布団を抱えた状態で)通らなければならず、使い勝手が良いとは言えません。
そこで2Fに小規模なホールのようなものを作り、そこからも窓経由でバルコニーに出られるように提案しました。

全部屋南窓

これは実家での自分の部屋が北側にあった奥様からのご要望です。北側の部屋というのは暗いわ寒いわで良いところが無いらしく、辛い幼少期を過ごしたみたいです…。
ですので新築するなら全部屋南側!と考えていたみたいですが、このこだわりが間取りを迷走させる主要因になってしまうのでした…。

その他

  • 水周りをまとめたい。
  • 窓を大きく取りたい。

など、細々とした要望も伝えました。

出来上がった図面がこちら

1F

間取りの基本的な位置は変わっていませんが、土地を変更したことにより東西の大きさに制限が発生し、36ユニット+54ユニットの幅9mへとサイズダウンしました。
また、水周りをまとめたいという意見を反映して頂き、キッチンとリビングの位置が入れ替わっています。
セキスイハイムでは階段は規格が存在するのですが、サイズダウンしながらもLDKの広さを確保しなければならないという問題を解決するためにこの時点から特注品となっており、現場で大工さんに作ってもらうようになっております。

2F

問題の2Fです。

奥様
奥様

・・・?

正直に申し上げまして、南側の吹き抜けをやめて小ホールにし、そこからバルコニーに出られるようにすればSPSマン的にはこの間取りがベストでした。
しかし全部屋を南側に配置したい奥様的にはこの間取りはアウトで、

奥様
奥様

ボソボソ…。

(全部屋南って言ったよね?)

SPSマン
SPSマン

(それは言った)

奥様
奥様

ボソボソ…。

(建物が南向きになるなら吹抜け要らないって言ったよね?)

SPSマン
SPSマン

(それは言ってない)

と、ボソボソタイムが始まり、何やら不穏な空気が漂い始めます。

水周り設備決定!TOTOとLIXILのショールームに行って感じたこと

↑ボソボソタイムについてはこちら↑

先程も言いましたがSPSマン的には美しい配置だと思うんですけどね~。
特にこのとき、この書斎の位置なら階段側の壁の上のほうを室内窓にすれば中に居るか居ないか電気で知らせられるな!なんて考えていました。

間取り変更案

前回の図面を踏襲して作成していただいた感がありましたが、土地が変わったため玄関の位置から考え直す必要があります。(土地へは西から入ります)

  • 全部屋南側
  • 北玄関案が見たい
  • 吹き抜け不採用
  • キッチンからサニタリーへ直通の動線を確保
  • LDKの窓をもっと大きく取りたい

大体このようなことを伝えてこの日の打ち合わせは終了となりました。

土地の大きさという制約さえなければ前回の図面を南向きに回転させるだけでほとんどの課題を解決できたので、サイズダウンによって自由度を奪われてしまった形となりました。特に奥様の要望である全部屋南側というのは、2Fホールからバルコニーへの入り口を確保するというこだわりと両立させるのは、この時点ではかなり厳しいと思っていました。

[the_ad id="976"]

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

-間取り・内装

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!