DIY

【DIY】サーキュレーターの断線ケーブルを修理してみた

奥様
大変残念なお知らせです
SPSマン

寝起き)(低血圧
奥様
サーキュレーターなんですけどね
サーキュレーター「VORNADO660.JP」を購入したのでレビューするぞ!

続きを見る

奥様
電源コードを挟んだまま洗濯機を回してしまったらしく

奥様
このザマです
SPSマン
ウワァァァッァww(←昨日の夜に洗濯機のフタを閉めて予約スイッチを押した人)

紹介記事ではエアコンの風を書斎まで届けるのに活躍していたサーキュレーターですが、冬は洗面室から浴室に向けて風を送り、浴室の乾燥&リビングの加湿で活躍していました。
今の所エアコンが2台しかない我が家において、セキスイハイムの一種換気システム「エアファクトリー」と組み合わせて何か面白いことができるんじゃないかなぁと可能性を感じていたアイテムだったのですが…

今でこそ16,000円ですが、購入した当時は2万円を超えていました。
いや16,000円でも十分高額ですけど、諦めるにはかなり惜しい金額です。そこで電気関係はズブの素人ですがDIYで修理してみることにしました。

断線したケーブルの修理方法

ケーブルが完全に断線してしまっていますが、ケーブルの役割はコンセントから器具へと電気を届けることです。要はもう一度ケーブルを繋ぎ合わせて電気を通すことができれば、サーキュレーターは復活するワケです。

断面を見ると、黒と白のケーブルが1本ずつ入っていて、黒い絶縁体がそれらをまとめています。

簡易図

まずは中のケーブルを取り出すために外側の絶縁体を取り除いていきます。

カッターやハサミを使って、中のケーブルに傷を付けないように切り込みを入れていきます。

後は、白は白同士、黒は黒同士で中の銅線をつないでやれば修理完了です!

SPSマン
(なんだ簡単やんw騒ぐほどでもなかったな…wコンセントサシー)

バチッ

SPSマン
!?!?!!?・11!?!

まさかのショート発生でブレーカーが落ちてしまいました。アレ?白と黒間違えた?と思って見てみても、ちゃんと白同士黒同士になっています。
この時に気をつけなければならないのが、二本の銅線が触れ合わないようにしなければならないということです。銅線が触れてしまっているとショートの原因となります。

しかしそれは知っていたので二本の銅線が触れ合っていないことを確認してからテストしてみたのですが…

どうも断線しているところ以外でも絶縁体の中でケーブルの被覆が破れて銅線が触れてしまっているところがあるようです。これだけねじれてればそうなるか…。
というわけでケーブル自体を新しいものに取り替える必要があります。

プラグも何もついていないケーブルだけのものがホームセンターに売っていましたので購入してきました。銅線をねじってつないでビニールテープで巻こうと思っていたのですが、配線コーナーを見ていたら「絶縁被覆付き圧着スリーブ」なるものがあったのでコレええやんけ!とカッコつけて買ってきましたが、専用の道具が無いと上手く圧着できず結局ねじってビニールテープしました。

内部断裂していると思われるねじれが激しい部分をニッパーで切り落とし、先程と同様に絶縁体を取り除いて銅線を露出させておきます。
銅線を取り出すときはニッパーを使います。まずケーブルをニッパーで優しくはさみ、そのままニッパーを1回転させます。中の銅線に傷をつけないように、外側の絶縁体だけに切り込みを入れるイメージです。絶縁体に切り込みが一周入りましたら、刀を鞘から抜くように先端の絶縁体を引き抜きます。

サーキュレーター側の下ごしらえが終わったら、買ってきたケーブルも同じように銅線を露出させます。

今回買ってきたケーブルはカラー分けがないので、白と黒がごちゃごちゃにならないように注意しながら銅線を繋ぎ合わせていきます。この時、銅線を編んで結合を強固にするワザがあるらしいのですが、私はネジネジで済ませました。
銅線が触れることによるショートを防ぐため、1本ずつビニールテープで覆ってから、2本をビニールテープでまとめていきます。

SPSマン
さぁどうだ!(ピッ)

サーキュレーター < ピッ(ブオオオオオオ)

奥様
おお~!
SPSマン
どやややゃゃ~~ん!!←昨日の夜に洗濯機のフタを閉めて予約スイッチを押した人

今回のまとめ

というわけで

  • ケーブルが切れても繋ぎ合わせればいいだけ
  • ケーブル単品がホームセンターで売っている

ということを知ってさえいれば簡単に修理できてしまいました。電気を使うモノであればケーブル関係の故障は起きやすいので、急に電源が入らなくなったとか接触不良っぽいな?とかであればケーブルを交換することで直るかもしれませんね!

-DIY

© 2021 セキスイハイムSPSでスマート生活!