セキスイハイムについて

【オール電化の電気代】セキスイハイムの光熱費は…?【20年9~10月】

10月に入り朝方はめっきり冷え込むようになって参りました。
我が家では朝方や夜などはエアコン暖房を入れています。大体20℃を切ってくると「寒い」と感じますね。

だんだんと弱まってきた日差しと暖房の影響で電気代は一体全体どうなってしまうのか…見ていきましょう!

住宅スペック

  • 太陽光発電9.72kw 売電単価24円
  • オール電化
  • エアコン2台
  • C値 : 1.87c㎡/㎡

太陽光発電の売電の扱いに対する考えは以下の記事にまとめてみました。

こちらもCHECK

太陽光発電は投資では無く設備【損得の議論について】

続きを見る

暮らしの様子

共働き夫婦と子供二人の四人家族です。

  • エアコン
    • AM5:00~7:00におまかせ運転+3℃(暖房)、PM18:00~PM23:00に必要に応じておまかせ運転(暖房)で稼働させています。
  • 食洗機
    • 電気代が安くなる深夜帯が始まるころに、毎日使っています。
  • エコキュート
    • おまかせモードに設定しています。大体250~300Lくらいのお湯を準備してくれているようです。お風呂の湯量は130Lに設定しています。
  • 洗濯乾燥機
    • 電気が安い深夜時間を使って、毎日乾燥まで回しています。

スマートパワーステーションの20年9~10月の電気代は?

買電量 : 329kWh
買電料金 : 7,867円

売電量 : 710kWh
売電料金 : 17,040円

従って20年6~7月の電気代は…-9,173円でした!

SPSマン
売電量が先月比70%…!いよいよ太陽光発電に厳しい季節が到来って感じやな!
そして買電料が329kWh…!?前半戦でエアコンを使わなかったのが効いたか!?

太陽光発電(9.72kw)の20年9~10月の発電量は?

スマートハイムナビから総発電量のデータを拾ってきたところ、9/16~10/15の間の総発電量は809kWhでした。

カテエネでの「省エネ度」ランク

中部電力の「カテエネ」では、似たような世帯(家族構成・契約プラン・オール電化・太陽光発電の要素を加味)で、自分の家がどれくらいエコであったのかを「省エネ度」としてランク付けしてくれます。

先月の43位からやや順位を戻して、33位となりました。

アパート光熱費との比較

恒例のアパート生活との比較です。鉄骨造1LDKと光熱費はどれくらい違うのか…?

  • 17年9~10月
    • 電気 : 4,249円
    • ガス(プロパン) : 7,882円
      • 計 : 12,131円
  • 18年8~9月
    • 電気 : 3,911円
    • ガス(プロパン) : 6,426円
      • 計 : 10,337
  • 19年8~9月
    • 電気 : 3,796円
    • ガス(プロパン) : 6,915円
      • 計 : 10,711円

こうしてデータを俯瞰してみると面白いことに、8~9月に対して9~10月のアパート時代の光熱費は、電気代は下がっているのにガス代は上がっており、結果光熱費は上がっていることが分かります。
ガスの消費量の比重が大きいのはやはり「お風呂」でしょうか。そろそろお風呂の温度を上げていかないと寒くなってくる一方で、電気の消費量の比重が大きい「エアコン暖房」は、まだ付けなくても大丈夫かな…?というのが9~10月の期間ということなんでしょうね。

いずれにせよ、現在のオール電化住宅のほうがアパートの光熱費よりも安く済んでおります。

今月の所感

こちらはLDK・主寝室のエアコンの月別消費電力量のグラフです。買電料が少なかったのはエアコンを使わなかったからかな?と予想したワケですが、こうして見ると一目瞭然。そのとおりのようです。

これから寒くなるにつれて暖房はもちろんですが、エコキュートの消費電力量が大きくなっていきます。

参考【電気代】エコキュートを制するものは電気代を制す!【共働き世帯】

続きを見る

こればかりは仕方のないところではありますが、節湯を心がけるなどしてなんとかエコを実践していきたいと思います。目指せゼロハイム。

-セキスイハイムについて

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!