快適エアリー、採用しませんでした。

設備・仕様

セキスイハイムの主要装備のひとつである「快適エアリー」とは、”空調システム”のことです。
セキスイハイムの特徴でもある”ベタ基礎”内に空調機械を設置し、そこからダクトを通して床の吹出口から暖房・除湿を行うようになっています。(足元を冷やさないようにするため、冷房はありません。) 床下にエアコンを仕込んでおくイメージです。
オプションではありますが、2Fまでダクトを通して”全館空調”にすることも可能です。その場合、ダクトを通すスペースを確保するために、天井高が若干下がる(部分的?)みたいです。

広告

さてこの快適エアリーですが、セキスイハイムの施主様ブログで使用した感想が多々取り上げられていますが、大体の意見をまとめると「その名のとおり快適」といった感想です。
セキスイハイムで新築の検討をするにあたり、各設備・オプションの詳細を一通り調べたのですが、どうやらこの快適エアリーは入れておいたほうが良いモノのようです!

打ち合わせ初期段階の図面より

SPSマン
SPSマン

図面の設備詳細みたいなのにも書かれてるし、何も言わんくても入れてくるあたり、ウリなんやろなぁ。まぁとりあえず入れとけばあったかハイムになるんやろ!

家を建てようと思ってからというもの、ずっと一条工務店を検討していたSPSマンにとって「家が温かい」というのは重要事項であり、当然この快適エアリーも採用予定だったのですが…

打ち合わせ初期段階にて

SPSマン
SPSマン

(一応確認しとくか…)

この快適エアリーってのは入ってるんですよね?

ハイム営業
ハイム営業

えっ?

 

ハイム営業
ハイム営業

快適エアリー、入れたいですか…?

ハイムさんのお言葉

ハイム営業
ハイム営業
  • 基本的に”つけっぱなし”のモノなので、共働きのご家庭にはオススメしていません。
  • 快適エアリーはあくまでも”補助暖房“という位置づけです。
  • と、説明しているんですけど「暖かくないんだけど」というクレームがよく来ます…。
  • ちなみにウチも入れませんでした。
  • 一種換気システムである”エアーファクトリー”は入ってますので、エアコンさえ付ければこれで十分家中が暖かくなるはずです!

 

SPSマン
SPSマン

アッ、そうなんですね!

では入れなくて結構です!

主要装備なのでもっとガツガツ推して来るかと思ったのですが、まさかの社員をして不採用という事実を鑑みて、SPSホームにおいても採用しないことに決めました!
なんだか「家が暖かいのは重要」とかいう初期コンセプトからブレブレにブレちゃってますが、営業さんのお言葉もまぁ一理あります!
暖かい暖かくないは個人の感じ方でもありますので、これは実際に暮らし始めてみて快適エアリーを入れたほうが良かったのか、それとも入れなくても十分だったのか検証したいと思います!
また、一種換気システム「エアーファクトリー」については別記事で紹介します。

広告

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました