外構

セキスイハイムの外構現地調査で話したこと

先日、セキスイハイムの外構相談会に参加させていただき、セキスイデザインワークスのエクステリア部門の方、並びにセキスイハイム外構担当の方に外構のこと、特に「庭」について相談させていただきました。

参考セキスイデザインワークスが語る庭づくりのコツ【セキスイハイム外構相談会】

続きを見る

庭を作るにあたり、決めたコンセプトはだいたいこんな感じです。

  • ウッドデッキが欲しい
  • ビニールプールを出したい
  • 立地を生かしたい

これらを満たすお庭をつくるための見積もり…をする前にまずは現地調査をしなければならないということで、本日セキスイハイムの外構担当さんがいらっしゃり、庭の現状を確認していきました。

ウッドデッキの大きさについて

まずは庭に出るための"仕掛け"であるウッドデッキをどの程度の大きさにするかです。
ウッドデッキの奥行きは大体30cm刻みで変更できるようですが、大きくすればするほど当然コストも上がります。

ウッドデッキに机や椅子を置くのであれば180cmくらいは必要です。
SPSマン
ナルホドォ…。じゃあ240cmくらいにしといてください!(欲張り)

30cm伸びるごとにどれくらい価格が上がるのか、具体的な数値まではわかりませんが仮の見積もりですからね。まずは理想をぶつけていきましょう。

ここはどうしましょうか?

実はそこ、お隣さん地の家庭菜園の畑が隣接しています。
平日昼間に手入れをするみたいで鉢合わせたことはありませんが、顔を上げると人の家のリビングが見える…ってのはちょっと緊張しちゃいますよね。

一つはウッドデッキを台形に作ってしまって、ウッドデッキの上に目隠しを作ってしまう方法です。
ウッドデッキ分高さが出ますので、ちょっとした手すりフェンスなどを作れば目隠しとして機能すると思います。

案①

もう一つは四角に作っておいて、目隠しを別で設ける方法です。
目隠し用の植栽を等間隔で植えれば見た目も良く、雰囲気も出ますよ。

案② ⚠木です。

コスト的にはどちらが良いのかという話にはなりませんでしたが、セキスイデザインワークスの人といい外構担当さんといい、やたらと植栽を勧めてきます。
そりゃ素人の私だってグリーンがお家を引き立てておしゃれに見せられることは分かります。しかしね…

奥様
虫がのさばる要素を排除。
SPSマン
…案①かな!!(既知)

目隠しフェンスの高さについて

ウッドデッキとは反対方向にはお隣さんの庭が広がっており、現状それこそ言葉通りの"地続き"となっています。
外構の最優先事項はここに目隠しフェンスを設置することで、そのために境界線工事をするべきではないか?と考えていました。

参考【境界工事】ガーデンプラスから見積もりが出ました!

続きを見る

外構業者であるガーデンプラスさんに現地調査を依頼したときもこの辺りの話を詳しく話したかったのですが、その日は雨だったせいか調査は手短に終了してしまい、お話するタイミングがありませんでした…。

一方、セキスイハイムとは先日の相談会でこの辺りの話をすでにしているため、今日はフェンスの高さが具体的にどれくらい必要なのかという話まですることができました。

結論を言うと、目隠しフェンスの高さは最低でも2メートル必要だということになりました。

基礎の高さが60cm、人間の目線の高さが160cmだと言われています。
庭から庭への視線は、それこそ160cm程度のフェンスで十分ですが、ウッドデッキに立った場合、またリビングに立った状態でお隣の庭との視線を遮るには2m以上…
できれば220cm欲しいかな、というところです。
220cmというと…このくらいですね。(メジャーノバシー)
SPSマン
…でっかいですね!(小並感)

というわけで幅は庭をカバーできれば良いだけなので4メートル程度ですが、かなりの高さが必要となることが分かりオラ今から見積もりワクワクすっぞ!

見積もり提示は8月2日(日)予定

セキスイハイムとしては次の日曜日にでも見積もりを提示したかったみたいなのですが、連休がある関係で見積作成が間に合わなそうということで再来週の日曜日、8月2日に見積もりを持ってきてくださるそうです。

ただ待っているだけでもアレなので「価格当てゲーム」でもしておきましょうか!
参考までにガーデンプラスでは境界線ブロック工事+180cmフェンス設置(幅4m)で約40万円でした。

ということはこの工事+ウッドデッキ、外構工事がお高いとウワサのセキスイハイムであるという点も含めまして…

SPSマン
私の予想は…150万円です!!

楽しみですね!

-外構

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!