お金の話

ZEH補助金はいつ振り込まれるの?申請~給付までの流れを解説

セキスイハイムは標準でZEHに対応しており、ほぼ無条件でZEHを申し込むことができます。
2020年のZEH採択は先着順となっています。先着順ですので、公募期間にさえ間に合えば補助金の交付はほぼ確定していると言ってよいでしょう。

そこで気になるのは、「ZEH補助金の交付はいつになるの?」ということです。

一応、ZEH補助金は"高性能な住宅を作るための補助金"ですので、本来は建物の本体価格に充当されるべきですが…
お金に色が付いているワケではありませんので、建物本体価格のうち、補助金分を"立て替えて"おいて、引き渡し後に給付された補助金を使って家具・家電を揃えても何ら問題はありません。

そうなると、「ZEH補助金がいつ振り込まれるのか?」「引き渡し後、どれくらいの期間を要するのか?」ということが気になりますよね。

我が家も無事に環境共創イニシアチブ(SII)よりZEH補助金の70万円が口座に振り込まれましたので、今日はZEH補助金の交付はいつになるのかを我が家の実例を交えながら解説します。

なお、そもそもZEHとは何か?ということについては以下の記事にまとめました。

こちらもCHECK

ZEHとは?ZEH住宅に住んでみての感想とZEHの必要性について

続きを見る

結論:ZEH補助金は引き渡しから約2ヶ月で振り込まれました。

我が家におけるZEH応募からZEH補助金振込みまでの流れはこんな感じでした。

7月30日 最終仕様確認
8月5日~8月9日 ZEH応募
約1ヶ月
9月10日 ZEH審査結果発表

1月30日 引き渡し(引き渡し直前にSIIの調査が入るみたいです)
約1.5ヶ月
3月11日 交付額決定
約3週間
3月30日 補助金振り込み

というわけで、思っていたよりも遥かにスピード感のある、引き渡しから約2ヶ月でのZEH補助金振込みとなりました。お役所仕事となめてましたね!

それでは各行程がどのような状況だったのかを確認しておきましょう。

ZEH応募期間(三次公募:8/5~8/9)

我が家は平成31年度の三次公募(8/5~8/9)に申請しました。

間取り・窓・照明・コンセントなどはZEH申請をするまでに決めねばならず、申請期限に間に合わせるために最終仕様確認を急ぐ必要があり、打ち合わせはかなり慌ただしく進んでいきました。

参考【打ち合わせ14回目】最終仕様確認!ハイム現場監督登場

続きを見る

ZEH合否発表(9/10)

三次公募の審査結果は9月10日に発表されました。同通知がウチに郵送されてきたのは9月11日のことです。

参考環境共創イニシアチブ・・・?

続きを見る

ここからはSIIとセキスイハイムとのやり取りでZEHの手続きが進んでいき、施主がやることは名前を書いてハンコを捺すだけです。

ZEH補助金交付確定通知(3/11)

交付確定通知が郵送されてきたのは3月28日のことです。

ですが書面の日付が3月11日になっていますので交付額確定の日付としてはこちらが正しいと思われます。

ZEH補助金振り込み(3/30)

指定の口座に補助金が振り込まれたのは3月30日でした。

SII(環境共創イニシアチブ)の状況次第でもっと時間を要する可能性も…

というわけで我が家では引き渡し後2ヶ月で振り込まれたZEH補助金ですが、ネットの情報を見ると少なくとも3ヶ月以上の時間を要する場合が多いみたいです。
あまりに期間が空いてしまうと「本当に振り込まれるの…?」と心配になってしまいますが、交付決定通知が届きさえすれば間違いありませんので気長に待ちましょう。

-お金の話

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!