設備・仕様

IHで料理をするようになって4ヶ月経ったので感想まとめてみた

我が家のLIXILキッチン「リシェルSI」にはPanasonicの3口IHクッキングヒーターが搭載されています。

新築だしオール電化だし太陽光発電だし、ガスじゃなくてIHでしょ!とあまり深く考えずにIHを採用したのですが、夫婦そろってIH初体験だったため入居当初は若干の戸惑いがありました。

が、既に入居から4ヶ月が経過しIHも使いこなせてきましたので、アパート時代ずっと使ってきたガスコンロと比較しながら、IHのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

IHのメリット

まずはIHにして良かったことについてです。

火力が高い

ガスと比べて圧倒的高火力を感じます。特にお湯の沸き上がりがめちゃくちゃ早いです。

ハイム工担
カップラーメンのふたを開けてるうちに湧いちゃいますよ!

…というのは言い過ぎでしたが、かやく類を乗せ終わって一息付く暇もなく沸くくらいの火力はあります。
材料にも火が早く通りますので、手早く料理ができるというのは嬉しいメリットです。

ところで、瞬間的に火力が上がるからか分かりませんが、高火力設定で味噌汁を作ったりしているとよく「突沸」を起こしますので気を付けています。

フラットで掃除しやすい

我が家で採用したPanasonicのIHは感圧式のスイッチで操作部までフルフラットになっており、電解水を吹きかけてキッチンペーパーで拭くだけで掃除が完了しますので、調理後毎回掃除するのが億劫ではなくなりました。

アパートでガスコンロを使っていたときは、それはもうひどい有様でしたので、キレイな状態を保ちやすいという要素はズボラさんほど有り難いんだなぁと実感しております。

オート調理機能が優秀

IHを操作してハンバーグ・ぎょうざなどのメニューを選んでスタートボタンを押すと、ひっくり返すタイミングや焼き上がりなどを教えてくれる機能があり、助かっています。

とはいえハンバーグなんかは"厚み"が考慮されていませんので、あまり厚く作りすぎると焼き上がりお知らせ時ではまだ生焼け、ということもあったりで、あまり積極的に使っていないのが実情ですが…

一方でIHグリルのオート調理機能は完璧すぎるくらい完璧で、魚の切り身を入れて自動モードでスタート、あとは完全にほったらかしで最高の焼き上がりに仕上げてくれます。

これによってグリル内を気にする必要が無くなりましたので、フライパンや鍋での調理に集中して取り組めるようになりました。

IHのデメリット

それではここからはIHのデメリットについてお伝えしていきます。

IH対応でない器具は使えない

IHで調理をするにはIH対応の調理器具を使わなければなりません。今までガスコンロで使っていた調理器具がIH対応で無かった場合、一通り買い換える必要があります。

我が家の場合フライパンを3つ持っていたのですが、うち2つはIH未対応で使えませんでした。
IH非対応である場合、調理器具をIHに乗せてスイッチを入れても一向に熱くなりません。

調理器具がIHに対応しているかどうかを簡単に確かめるには、調理器具に磁石が付くかを試してみてください。磁石が付けばIHに対応しています。

鍋を振れない

調理器具がIHに接していないと熱が伝わりませんので、「鍋を振る」ということが出来ません。

出来ない、といのは少々語弊がありますね。別にIHから少しの間持ち上げて調味料を馴染ませるために2、3回鍋を振って、IHに戻すということをしたって構わないわけですから…。

例えば中華鍋を使って~みたいなコダワリがある人には不向きかもしれません。

一方で、あまり鍋を振らなくなったことで調理がおとなしくなり、調理場が汚れにくくなったというメリットもありました。

キズが付かないように気を使う

先程の鍋を振れないに多少関係がありますが、ガスコンロではフライパンを置くための着地地点があり、それはコンロから飛び出していたためにおもむろに置くことができましたが、IHはフラットになっているせいか分かりませんが、フライパンを置くときに気を使います

面で接しているワケですので、ズラしたときもキズになってないかドキッとしてしまいます…。

電気代について

こちらはスマートハイムナビによるIHヒーターの月別電気代のグラフです。
これによると、IHにかかる電気代は大体月々500円~550円であることが分かります。

IH自体にも、電源を落とすときに電気代を概算で表示してくれる機能があり、それによると一回の使用につき大体6円~12円くらい使っているみたいです。

まとめ

調理そのもので考えると、IHとガスコンロでは甲乙つけがたいところではありますが掃除のしやすさという点でIHが勝っている印象です。

ウチのように「掃除しやすくなっていないと絶対に掃除しない」族の人はIHにするべきでしょうね!

以上、IHを4ヶ月使ってみての感想でした。

-設備・仕様

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!