DIY

【DIYロフトベッド】見た目重視の落下防止柵を取り付ける【書斎DIY】

前回までのあらすじ

こちらもCHECK

【書斎DIY】ロフトベッド補強とすのこ設置!【DIYロフトベッド】

続きを見る

すのこが付き寝床として使えるようになったのであった。

ガタつき問題の解消

鬼目ナットを使ったり金折をたくさん付けたり補強の木材を入れたりしましたが、結局ベッドのガタつきは直りませんでした。

SPSマン
どうしたらいいと思う?(相談)

[上司] < ななめのやつ入れたらいいんじゃない?

まさかの一発解決でした。「言われたやつやったら一発で直ったよ!さすが年の功!」と褒めてあげました。調べたらこれは「筋交い」と言うみたいですね。(初心者)
いずれ見えなくなる予定の箇所なので、労力を省いて壁紙は貼りませんでした。

ちなみに木材の45度カットですが、こちらの丸ノコガイドを使えば何も考える必要なく美しい45度に仕上がります。

柵の土台を取り付ける

前回すのこを取り付けるところまでを終え、その上に布団を敷いて寝られるようになりました。しかし布団の横に何もありませんのでちょっと寝返りをうったときに布団が落下してしまう恐れがあります。

本日はこれを防ぐために「」をベッドに取り付けていきたいと思います。

まずは柵の土台をすのこの横に取り付けます。少し分かりにくいですが、土台の色はロフトベッドの基本色のアバロングレーでは無く、我が家のキッチン天井に貼られているサンゲツのTH-9368です。
実はロフトベッドにはこの壁紙もっとふんだんに取り入れたかったのですが、この壁紙だけ余っている量が極端に少なく、慎重に使いどころを選ばなければならない状態です。ですので目立つ部分にアクセントとして使っていきます!アクセントクロスだからね!

中央に後付けした補強用の張り合わせツーバイ材の上に置き、内側に金折を取り付けて固定します。一応外側からパッと見たときに留め具が見えないことを目指しております。

柵の柱を作成

丸棒をカットして柵の柱を作っていきます。丸棒にすることのより、さながら赤ちゃんベッドのような雰囲気を醸し出してしまい、角材のほうが良かったのではないかとSPSマンの中で不安が渦巻いております。まぁ自分青二才だけど赤ちゃんではないわな。(ブルーとレッドの対比という高度なギャグ)

こちらの棒には我が家のLDKの柱とキッチンのアクセントクロスとして使いましたリリカラのLL-5826を巻いていきます。こうすると高級感が出て赤ちゃんベッドではなくなるはずです。(懇願)

土台と柱、および手すりは"ダボ"で固定しようと思いますので、ちくわ加工を施していきます。ちくわというよりうまい棒みたいになりましたね。

土台・柱・手すりをダボで接続

それではそれぞれの部材の接続作業に入ります。まずは土台と手すりにダボ穴を開け、土台にはダボを入れていきます。

これに先ほどの柱をスポスポッと入れていきましょう。

SPSマン
…なんかナナメになっとるが大丈夫か?

なってしまったものは仕方がないので無理やり手すりを上から打ち込んでしまいましょう!(暴挙)

手すりの下と土台の上に金折を入れるのがベターだと思いますが、先ほど申し上げました通り留め具を見せないようにしていますので、金折はこのように入れてみました。
ちなみに土台と手すりの規格が違うことを忘れていて、どちらも柱の外側にツラを合わせてしまったためねじれが生じてしまっていることに後から気づき、金折の位置を若干右へずらしました。(ゆるゆるDIY)

最後に天井を支える柱を取り付け、柵と接続して本日の工程は」終了です。

SPSマン
…柱ナナメになっとるけど大丈夫か?

天井つけるときに無理やり合わせるからいいんだよ!(暴挙)

しかし天井どうやってつけようかなぁ~(無計画)

-DIY

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!