セキスイハイムについて

セキスイハイムの坪単価を下げる方法を考えてみた

セキスイハイム 坪単価」と検索をかけると、セキスイハイムの坪単価は大体65万円~80万円程度であるとの表記が見受けられます。
ここで、例えば家の延床面積が40坪であれば、坪単価が65万円であれば建物価格は2,600万円、坪単価が80万円であれば3,200万円ということになります。
「セキスイハイムの坪単価は65万円~80万円ですよ!」と言われても、実際の価格に600万円もの開きがあることを考えると、これはあまり頼りになる情報とは言い難いと思います。

こちらもCHECK

【坪単価】セキスイハイムスマートパワーステーションFRの価格は?【19-20年度】

続きを見る

そこで今回、我が家の坪単価・価格を踏まえて「僕が考えた最強のスマートパワーステーションFR」の価格を弾き出し、そこから減算方式で坪単価を何とか下げられないかを検討していきたいと思います。

僕が考えた最強のスマートパワーステーションFRの坪単価

まず、我が家の坪単価はコミコミで86万円でした。ここに、我が家には無いオプションである「快適エアリー」と「タイル外壁」を加味すると坪単価は約94万円まで上昇します。従って、この価格を「最強のスマートパワーステーション」と位置付けます。

それではここからオプションを外し、坪単価を下げていきましょう。

タイル外壁

参考セキスイハイムの外壁の種類と選び方【性能・価格・特徴】

続きを見る

タイル外壁はセキスイハイムのオプションの中で最も高額なもののひとつです。

セキスイハイム信越より

こちらの「レジデンスタイルG」というタイル外壁は40坪のお家に採用すると、約195万円の費用がかかります。つまり、このタイルを採用するだけで坪単価が約5万円上がってしまう、ということです。

他にも「レジデンスタイルN(180万円程度)」、「ラスティックタイル(110万円程度)」がありますが…もし坪単価を下げたいのであれば、レリーフ外壁の採用を検討するべきだと思います。

【耐久性能】ジオマイト外壁って何なんです?【見た目】

続きを見る

我が家でも採用したジオマイト外壁もレリーフ外壁に分類されますが、セキスイハイムのレリーフ外壁は比較的高耐久な外壁で、メンテナンスフリーとまでは行きませんが20年程度は外壁塗装をせずに済むそうです。

というわけでタイル外壁(レジデンスタイルNで計算)をやめて、レリーフ外壁を採用することにします。これで坪単価が約5万円下がります

快適エアリー

SPSマン的には付けてみたかったオプションですが、快適エアリー無しのスマートパワーステーションFRに住んでみての感想は「無くてもなんとかなる」です。
快適エアリーは名前の通り「快適さ」をもたらしてくれる設備です。家中ぽかぽかあったかく、冬でも薄着で過ごしたいという人は採用するべきですが、「いやいや冬は寒いモンでしょ」と割り切れる人には必要ありません。

また、快適エアリーの仕組みや意図を考えるに2Fにも採用すべきだと思いますが、快適エアリーを2Fに採用するにあたっては様々な制約が発生してしまう上に追加料金がかかります。

とりあえず1Fだけに設置するのであれば、価格は約100万円です。これをやめることにより、坪単価は約3万円下がります

キッチン・洗面台・トイレ

水回り設備をセキスイハイムの工場出荷品の中から選択すると価格を抑えることができます。

セキスイハイムカタログより

キッチンで言えば、例えばリクシル製品なら「アレスタ」、パナソニック製品なら「ラクシーナ」、クリナップ製品なら「ラクエラ」から選ぶことになります。
カタログには記載されていませんが、タカラスタンダードの同グレード帯のキッチンから選んでもそれほど差額は出ないと思われます。

特にタカラスタンダードには中級グレード帯に「トレーシア」という新製品が出来たのでホーロー製キッチンが良いという方はぜひ検討してみてください。

こちらもCHECK

リシェルSI vs タカラスタンダード「トレーシア」!新築キッチンにおすすめなのは…?

続きを見る

各メーカーのショールームを見学して思ったのは、グレードによる差異は「見た目」「高級感」などに拠るところが大きく、機能的には大して変わりがありません
「ウチはLDKの真ん中にフルオープンキッチンをドーーンと置いてキッチンスタジオみたいにするんや!」みたいなコンセプトがしっかりある人以外は中級グレードでも全く問題ないと思われます。

一方で、トイレはグレードの違いで機能面に差が出てきます。もし水回りでお金をかけるところを一つ選ぶのであれば、トイレを優先的にグレードアップさせると良いかもしれません。

ではここでもまた、全ての設備をセキスイハイムの標準設備内で選ぶこととします。これにより価格が約220万円減少し、坪単価が約6万円下がります

地盤改良の必要の無い土地を選ぶ

現在坪単価は80万円です。まだまだ高額ですね。

地盤調査で完全勝利したSPSマンUC

続きを見る

我が家ではやりませんでしたが、地盤調査の結果、購入した土地に地盤改良の必要があると判断された場合、地盤改良費用100万円がかかります。これの有無のみで坪単価が約3万円上下します。

検討している土地に地盤改良が必要かどうか、最も確実な方法は現地住人に「地盤改良やりましたか?」と聞いてみることですが…少し難しいところもありますので、土地を決める段階、あるいはもっと前の展示場を巡っている段階から、「○○周辺の土地で検討しているんですけど、このあたりで工事したとき地盤改良ってしましたか?」と各ハウスメーカー営業に聞いてみると良いでしょう。

例えば我が家の土地は打ち合わせの際に「周辺で地盤改良をしたという話は聞いたことが無いので多分大丈夫」というお話を営業さんから聞いていました。

話は変わりますが、イレギュラーな事項にも気をつけなければなりません。我が家は宅地延長になっているのですが、敷地内まで下水道管が引き込まれておらず敷設工事が必要でした。このあたりのことを不動産屋に再三確認して、追加費用がかからないような土地を選択すべきです。

もし下水道敷設工事がなければ30万円の費用がかからなかったことになりますので、坪単価は約1万円下がります

太陽光パネルを値引きかつ容量をピッタリに

我が家の屋根にも載っているソーラーフロンティア製の太陽光パネルですが、現在の価格は18.5万円/kwだそうです。9.72kw搭載ですので、単純計算で約180万円分の太陽光パネルが付いていることになります。

ところがどっこい、セキスイハイムの見積もりによると9.72kwの太陽光パネルに278万円の値が付いています。
「おひさまハイム特別減額」という値引きは太陽光パネルを採用することによる値引きなので、パネルの値段と相殺するのか扱いを悩むところですが…とにかく、先程の18.5万円というのは"取扱施工店の平均価格"ですので、「他所はこれくらいでやってるみたいなんですけど!」とセキスイハイムに交渉するのはやってみる価値があるでしょう。

続いてこちらはセキスイハイムのHEMS「スマートハイムナビ」より、我が家の3月の消費電力と発電電力のグラフです。天候に左右されますが、平均すると消費電力よりも発電電力が1割程度上回っています。将来的に性能の優れた蓄電池の採用を予定しているのであれば、消費電力と発電電力がイコールとなるようなパネル容量を選ぶのがベストです。

これは不確定要素を含み大変難しいところではありますが、セキスイハイムはスマートハイムナビを通して各家庭の電力状況の情報を収集しています。従って、ビッグデータからあなたにピッタリのパネル容量を提案することは可能でしょう。

以上より、仮に太陽光パネルに対する値引きが成功し、パネル容量を1割減らすとすると約116万円の費用減となり、坪単価は3万円減少します

窓を減らす

例えば3600ピクチャーウィンドウは一組16万円以上します。セキスイハイムの得意とするところを活かさない家作りとなってしまいますが、窓を減らすことによりそれなりに価格を抑えることが出来ます。

参考打ち合わせ7回目~明るい窓り計画~

続きを見る

全ての窓の価格が分りませんので曖昧ですが、LDKの窓、寝室の窓、2Fホールの窓、書斎の窓を不採用とすることで70万円程度は価格を抑えられるような気がします。

従ってこれにより坪単価は約2万円下がります

「装飾」をやめる

意外に高額だったのが「床材」です。

【打ち合わせ8回目】キッチン床タイル化計画とカップボード再検討

続きを見る

【工事進捗㉙】ついに明かされる我が家の全貌

続きを見る

セキスイハイムの標準床材といえば「HDフローリング」ですが、この他にもオプションで色々と選ぶことが出来ます。
我が家では玄関に大理石調フローリング、キッチンにフロアタイルを施工してもらいました。そこまで範囲は広くありませんが、この変更だけに25万円の費用がかかっています。

参考セキスイハイムのオプションクロスの差額は…?見積もりがコチラ!【打ち合わせ17回目】

続きを見る

標準外の壁紙にも結局10万円程度の費用がかかりました。セキスイハイム標準の壁紙も決して悪いわけではないのですが、原色系のような濃いめの色味を求めると、オプション壁紙しか選択肢が無くなってしまいます。

参考【web内覧会】浴室【セキスイハイム・アドバンスS】

続きを見る

また、お風呂をかっこつけてアドバンスS+間接照明+FIXドアにした結果、「アドバンス」よりも約35万円も高くなってしまいました。特に間接照明は18万円もする高額オプションで、関わりのあった全てのセキスイハイムの人間に「初めて出た」と言われました。

カッコつけたといえば、親子ドアへの変更もそれなりに高額です。我が家では玄関ドアとLDKのドアが親子ドアになっています。この変更には10万円程度の費用がかかりました。
LDKの親子ドアを勢い良く閉めると"子"部分が一瞬たわんで、見ていて少しハラハラします。家具家電の搬入がしやすそうだったというメリットはありますが、業者さんは大抵幅90cmの普通のドアに慣れていますので親子ドアでなくても搬入は全く問題無く行えたでしょう。というわけでカッコつけたい人以外は普通のドアのほうが良いです。

ドアの話でもうひとつ。玄関ドアにリモコンキーを採用しましたが、少々使いづらいです
他の施主様のお話を見ているとほぼ全員がリモコンキーを絶賛しているのですが、これを採用するのであれば普通の鍵+後付のスマートキーシステムのほうが良いかなと感じます。ので、いずれ記事にしようと思います。ちなみにリモコンキーは約8万円のオプションです。

以上細かな装飾の類を累計しますと約88万円となり、これを削ることにより坪単価が約2万円削減されます。

以上を実践するとセキスイハイムの坪単価はどれだけ下がるのか?

パッと思いつく方法をとってみましたが、以上を実践するとセキスイハイムのスマートパワーステンションFRの坪単価は72万円まで下がります。(諸費用込)

逆に言うとここまで標準仕様に近づけて坪単価は72万円までしか下がらないということになります

坪単価を下げる方法について述べさせていただきましたが、坪単価という数字は「目安」でしか役に立ちません。
例えば坪単価を下げるために窓を無くして、タイル外壁を無くして、快適エアリーを無くしてまでセキスイハイムを選んだ理由に対して、自分自身がしっかりと納得していないと「なんとなくの家作り」になってしまい、いずれ必ず後悔します。

大事なことなので二度言いますが、坪単価は「目安」でしかありません。
参考にしつつ、あまりこだわりすぎないことが重要です。

-セキスイハイムについて

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!