設備・仕様

水周り設備の検討 : トイレ編

気合を入れてキッチンを選んで、しばらく水周り設備の検討をサボっていましたが、ZEHの申請の期限が決まっているため、早急に決定し最終仕様確認へと進んで行かなければなりません。

トイレに求めるもの

奥様
奥様
  • 何よりも清掃性が大事ですよね。
  • 手洗い場が小さすぎると水ハネが気になりますね。
  • 特にタンクレスが良いなどのこだわりは無いです。むしろタンクレスは背後の壁との隙間が気になりますね。

SPSマン
SPSマン

とはいえトイレスペースは他の間取りに圧迫されて必要最低限の設備しか入らないようになっとるねんな。手洗器に関してはショールームで実際に使ってみて使用感を得たほうが良いかもしらん。
タンクレスについては災害時に水を流せないなんていう話もあるみたいやし、キャビネットに隠すタイプが良いかもしれんな!

以上を踏まえてLIXIL、パナソニック、TOTOから候補を選出しました!

LIXIL

LIXILより

リフォレ or サティスS

サティスにはもうひとつ上のグレードのサティスGが存在しますが、ショールーム内のトイレでサティスGを実際に使用してみたところ、

SPSマン
SPSマン

なんか、トイレというより乗り物に乗ってるみたいやな!

という感じだったのでサティスSを候補としました!見た目も、サティスSのほうがスッキリとしていて好みです。(全て個人の感想です。)
リフォレについては、キャビネット付きタイプがそれしかなかった、という消極的な理由でのピックアップです。機能的にはサティスSとほぼ変わりませんが、便座のリフトアップが手動であるという点がサティスとの差であると感じました。

[the_ad id="978"]

パナソニック

Panasonicより

アラウーノSⅡ

パナソニックのトイレにのみ備わっている他社に無い機能が二つあります。
一つ目の機能は「激落ちバブル」です。これは便器後方部に洗剤を予め入れるスペースがあり、水を流すたびに洗剤を少し混ぜて洗浄してしまうという機能です。しかも使う洗剤は普段使っている台所用洗剤で良いみたいです。
この機能は奥様の食いつきが大変よろしかったです。が…

SPSマン
SPSマン

洗剤の力、過信しすぎやない…?

そもそも洗剤とは"油を落とす"ものであり、個人的な感覚からするとトイレに適しているとは思えません。また、流した後に洗剤の泡が残ってしまうことも"使用感"を感じてしまいます。
二つ目の機能は"スキマレス設計"です。便座を上げたときに見える便器と便座の隙間が、パナソニックのトイレにはありません。LIXILが「便座リフトアップをボタンピッにして掃除しやすくしよう!」と対処した箇所を「そもそも便座リフトアップしなくても済むようにしたらええんや!」と対処した発想力は流石のパナソニックさんという感じです。実際この隙間は汚れやすいですからね~(経験者)

TOTO

TOTOより

レストパルF

え…

SPSマン
SPSマン

浮いてる………

用を足している最中に支点部分がバキっといったりしないの???という不安を煽り立てる形状ですが、家庭用トイレとして提供されている以上、耐荷重は少なくとも120kg以上はあるでしょう。(適当)
ともあれ、このフローティングデザインのおかげで床部分の清掃性は間違いなく向上しています。また、便器内の清掃性に関しては、パナソニックは洗剤を導入し"洗浄"に力を入れていたのに対し、TOTO(LIXILもですが)は陶器と水の力で"そもそも汚れを付きにくくしましょうね"というスタイル。さらに"トイレといったらTOTO"ということで(個人的なイメージです)陶器の性能についてはピカイチと言ってよいでしょう。
さらにこのレストパルFですが…なんと…

TOTOより

光ります!!

 

 

SPSマン
SPSマン

 

 

個人的には3社4商品のうち、SPSマンが最も推しているのがレストパルFです!

結論

SPSホームではLIXILのサティスSを採用することになりました!!!
何故か!?それは次回以降の記事にてお楽しみに!!

[the_ad id="976"]

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

-設備・仕様

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!