セキスイハイムについて 家づくりのヒント

【一種換気】セキスイハイムでエアファクトリーを採用するなら必ず検討していただきたいこと【快適エアリー無し】

結論から申し上げますと、エアファクトリーを採用するのであれば吸込口をエアコンの風が直撃する位置に付けるのが良いのではないか?ということです。

エアファクトリーとは?

こちらもCHECK

セキスイハイムの第1種換気「エアファクトリー」について

続きを見る

エアファクトリーとはセキスイハイムが提供する第一種換気のことです。
室内の空気と外気とを熱交換器でなんやかんやして、室温の80%の熱を持った空気を家中に送るシステムです。

これに冷暖房機能を持たせたのがセキスイハイム主要オプションの一つである「快適エアリー」ですが…

ハイム営業
・快適エアリーが暖かくならないというクレームがよく来ます。
・自分の家にも付けませんでした。
・エアファクトリー+エアコンで十分温まります。

という営業さんのアドバイスのもと快適エアリーの採用はやめることにし、「エアコンで温めた空気をエアファクトリーで家中に送る」という暖房方法を採ることにしました。

快適エアリーは温まらないのか?

快適エアリーを採用した施主様ブログを見ると、「快適エアリーサイコー!」「もうコレ無しでは生きていけない」「ハイムで建てて付けない理由って何?」などなど、好評嘖々の感想が多々見受けられます。
これは営業さんが言っていた"クレーム"とは正反対の内容です。

SPSマンの住む地域は雪国で、19-20年の冬の最低気温は約マイナス9℃でした。この寒さに快適エアリーが負けてしまっているのかどうか、条件や体感温度が人それぞれ違う上にSPSマンは採用しませんでしたので確かめる方法がありませんが…少なくともそういう声があったということは事実で、営業さん的に推しでは無かったのでしょう。

というわけで我が家では営業さんを信用し快適エアリーを採用しませんでしたが、SPSマンは快適エアリーに対して否定的では無く、むしろもう少し前向きに検討するべきだったなぁ…と今では思っています。

エアファクトリー+エアコンで家中が温まるのか?

これについては2月某日、我が家で実験を行いました。

残念ながら「エアコンで温めた空気をエアファクトリーで家中に送る」という暖房方法は難しいという結果が出てしまいました。
まぁ確かにそれが簡単にできるのであれば某HMのように○○空調みたいな名前を付けてアピールポイントにしているでしょうし、そもそも快適エアリーの付加価値が無くなってしまいます。

こちらもCHECK

【エアファクトリー】セキスイハイムの24時間換気+エアコンで家は温まるのか?【検証】

続きを見る

エアファクトリーの可能性

しかしながらこの実験結果はエアファクトリーによる空調効果を全て否定するわけではありません。
実は別実験において、"室内吸気口付近の温度を高めることにより各部屋を温めることができる"というのを体験済みだったりします。

データを取っていないので信用性に欠けてしまいますが、方法は室内吸気口の手前で石油ファンヒーターを可動させたというものです。
実験を行ったのは夕方~夜にかけてで、その日は雪が降っていましたので外気温は0℃~2℃くらいだったと予想されます。エアファクトリー実験と同様に子供部屋をの扉を閉め約1時間程度石油ファンヒーターを可動させたところ、子供部屋の室温は17℃程度まで上昇しました。

従って、"室内吸気口を直に温める何らかの方法"があれば空調システムとまでは行かずとも、そこまで寒い思いはしなくて済みそうだ、というのがこの実験による結論です。

ここで冒頭のお話です。
エアファクトリーを採用するのであれば、エアコンの風がエアファクトリー室内吸気口に直撃するように間取りを作ると、エアファクトリーの力が120%発揮されることが期待できます。

SPSマン
…と思うんですが、いかがでしょう?

ハイム営業
・・・次のお客さんから絶対にそうするように勧めます!!

…と、営業さんも目からウロコでしたよ!(多分)

この案の欠点

おそらくこの案を採用するにあたり、エアファクトリーの室内吸込口はLDKに設けられるでしょうが、外気吸気口・熱交換器・室内吸込口は一定以上離して設置することができないというハイムルールが存在しますので、希望する間取りにそぐわなくなる可能性があります。

また外気吸気口から熱交換器につなぐダクトを隠蔽する場所を作らなくていけません。すなわち、LDKの一箇所に「壁からの謎の出っ張り」が作られてしまうことになります。

我が家では階段下(図中赤枠内)にダクトが隠蔽されているため目にすることはありませんが、大きさ的にはちょっとした棚くらいはあるでしょうか…これを上手く活用するアイデアが必要になります。

エアファクトリーはそもそも空調システムでは無いが…

我が家のようにエアファクトリーを空調システムとして期待しているハイム検討者はほぼいないでしょうが…

ハイム営業
3種換気はどうしても吸気口付近から寒くなって来てしまいますので…エアファクトリーだけは必ずオススメするようにしています。私のお客さんはほぼ全員採用しています!

と、我らが営業さんのお墨付きもありますし、少なくとも3種換気よりも1種換気(エアファクトリー)のほうが室内温度に好影響を及ぼすのは間違いないでしょう。

その上で、プラスアルファ(重要として上記のような効果を得るために、エアファクトリーの室内吸込口とエアコン位置などの間取りを検討するのはアリだと思います。一応40万円もするオプションですからね!使い倒せるように取り付けるのが良いですよね!

以上です!参考になれば幸いでございます!

-セキスイハイムについて, 家づくりのヒント

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!