間取り・内装

フルオープン窓断念と引き手の必要性について

フルオープン窓を採用しなかった経緯

フルオープン窓は折戸の構造になっており、画像のように間口が全て開くような窓のことを言います。セキスイハイムの展示場では見た目のインパクトと開放感から、庭を想定している場所に設置されていることが多いです。実際に開けてみると分かりますが、窓部分がそのまま大開口になる様は凄まじい開放感を感じさせます。ちなみに網戸は上部に蛇腹状態で折り畳まれており、下まで引き下ろして使います。この網戸は窓のサイズに合わせた一枚物となっており、網戸のくせに見た目がものすごくカッコ良いです。

実はSPSホームにおいても採用を検討しました。
ではその場所はどこでしょうか?

 

 

答えは…

 

奥様
奥様

フルオープン窓を諦めきれないから寝室の窓をコレにしよう。

奥様の部屋でもある主寝室です!
主寝室はバルコニーと連続しているので、フルオープン窓にすることでかなりの開放感を得られることが予想されます。

ところが、フルオープン窓は最大で間口2700mmのものしか無く、しかも「開ける」という観点から重くすることができないのか、トリプルガラス仕様が存在しません

また、SPSホームのコンセプトである"窓を大きく取る"という点、さらに1Fとの縦の揃いを考えフルオープン窓は諦め3600トールを採用しました。

引き手の必要性

3600mmトールは900mmトール4枚から成っています。900mmといえど3枚ガラスが入っていますので重さはかなりあります。

ですので、開閉をサポートするために窓に引き手を付けるオプションが用意されています。メリットは窓の開け閉めが楽になることですが、デメリットは"邪魔"だということと、見た目があまり良くないことでしょうか。
営業さんが引き手の検討を持ち出してきたとき、打ち合わせ場所にはトリプルガラスがなかったので決めようがありませんでした。開け閉めが容易に行えるかどうかは展示場で試してみると良いかもしれません。

ハイム営業
ハイム営業

私の家も900トール採用してますので、開けて確かめてきます!

SPSマン
SPSマン

めっちゃ頼りになるやん…!

SPSホームでの採用の可否は、営業さんの確認次第となります!

[the_ad id="976"]

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

-間取り・内装

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!