小話

【電気代】エコキュートを制するものは電気代を制す!【共働き世帯】

HEMSとは?新築するなら必ず採用したい理由もご紹介

続きを見る

セキスイハイムのHEMS「スマートハイムナビ」を毎日眺めるのが密かな楽しみとなっております。
使用している電気料が目に見えるカタチで提示されると、否が応でも節約意識が高まるというものです。

ところでこうして見るとどうしても気になってしまうのは、やはりエコキュートの使用電力です。
このグラフでいくと、他の使用電力が250Whを超えないのに対して、エコキュートはおよそ2時間もの間、1,500Whを超える電力を消費しています。

従って、もし電気代を節約しようと考えるのであれば、まずエコキュートから取り掛かるのが妥当だと考え、少し調べてみることにしました。

エコキュートの電気消費割合は全体のどのくらいなのか?

まずエコキュートが節約の鍵を握るのかどうかの妥当性を測るため、エコキュートの電気使用量が我が家全体の電気使用量に占める割合を調べます。

スマートハイムナビでは設定された電気系統ごとの使用電力を日別・月別・年別にまとめたものをCSV形式で出力してくれる機能があり、今回はそちらを利用しました。

というわけでこちらが3月1日~現時点での電気系統ごとの総使用電力をグラフにしたものでございます。

 

 

…ちょっと分かりにくいので、少し手を加えてみましょう!

こちらが電力を何に使用しているのかを簡潔にまとめたものになります。こうして見ると、確かにエコキュートは全体の1/4を占めており、節約による効果はある程度期待できると推測できますが、"鍵を握る"と言うほどではないかもしれません。

…が、これから暖かくになるにつれてエアコンの使用頻度は下がっていき、全体に占めるエアコンの電気使用量は低下していきますが、いくらエコキュートが空気熱を利用してお湯を沸かす機械であろうと最大で90℃までお湯を沸かすことを考えれば、外気温が与える使用電力への影響は注目するほどではないと予想され、エコキュートの電気使用量が全体に占める割合は一定であると見込まれます。

特に日中家を空ける共働き世帯にとって、エアコンよりもエコキュートのほうが節約のコントロールがしやすいのではないかと思います。

エコキュートの上手な使い方とは?

そもそもエコキュートとはナニモノかということなんですが…

エコキュートはヒートポンプで大気の熱をくみ上げてお湯を沸かすシステムです。ヒーターを使わないので、使用する電力が少なくて済みます。さらに、割安な夜間の電力を使用してお湯を沸かすので、給湯にかかる電気代は非常に安くなります。(CORONAより)

要するに「電気代の安い時間帯を狙って一気にお湯を沸かして貯めておき、適宜水を混ぜながらキッチン・お風呂・洗面等に給湯する」という機械です。

「お風呂も含めて一日使うお湯を貯めておけるの?」と少し疑問に思いますが、

例えば我が家で使うお湯の量(正確にはエコキュートからの給湯量)は1日平均240Lです。
ちなみにセキスイハイムではエコキュートの貯水容量は370L・460Lの二種から選ぶことができ、差額があまり無かったため我が家では460Lを採用しております。ちょっと宝の持ち腐れですね。

エコキュートは沸かすお湯の量を学習する

そうは言ってもどれくらいのお湯を沸かせばいいのかなんて分かりませんよね。
大変ありがたいことにエコキュートには学習機能が付いており、日々使われるお湯の量から、どのくらいのお湯を沸かしておけばよいのかを自動で決定してくれます。

際して決定に必要なデータを供給する方としては、毎日使うお湯の量をなるべく一定に保つことを心がけることで学習がスムーズに行われます。写真は悪い例ですね!

ピークカット機能を使う

というわけで基本的にはエコキュートにおまかせで良いのですが、油断してシャワーを長時間使っていると、エコキュートが「このままではお湯が足りなくなってしまうのではないか!?」と心配してしまって、お湯がなくなる前に湯増し運転を開始してしまいます。
これの何が困るかというと、電力単価が高いときにもお構いなしで運転してしまうという点です。これではエコキュートのミソである「電気代の安い時間に働く」という利点が失われてしまいます。

そこで便利なのが「ピークカット機能」です。これは指定した時間は何が何でも湯増しをしなくなる機能で、電力単価が高い時間帯にエコキュートが運転してしまうのを防ぎます。

参考【電気料金】中部電力のスマートライフプランは本当にお得なのか?

続きを見る

電力会社との契約内容をよく確認してピークカットの時間設定を行っておきましょう。

お湯を使い切る

従来のガス給湯器等に比べてエコキュートのデメリットを挙げるとすれば、エコキュートはその日に使うお湯を事前に沸かしておくという仕組みですので、お湯を使わなかった場合でも電気代が発生してしまうという点です。

従って最も節約のために必要なことは、必要最低限のお湯を沸かしそれを使いきるということに尽きます。
色々試してみて、ご家庭に合ったお湯の量を探って行きましょう。

Panasonic食洗機説明書

お湯を使用する機器の説明書にはどれだけの量を使用するのか記載があるものもあります。
当然この数字を足し算して行けば良いというワケではありませんが、参考までに頭に入れておくと良いかもしれません。

エコキュートのHEMS連携について

先日、エコキュートはスマートハイムナビと連携できるのか?というコメントを頂きました。
結論を先に述べると、エコキュート自体にはHEMSと連携する機能があり、HEMSから天気予報を読み取ってソーラー運転モードに自動的に切り替える、ということができるみたいです。

ソーラー運転モードとは?

普通、夜間~朝方にかけてお湯を沸かすエコキュートですが、ソーラー運転モードにするとこの時間帯の湯沸かしを加減し、その分は昼間に太陽光により発電された電気を使って湯沸かしを行います。

これは我が家のコロナ製エコキュートの話ですが、ソーラー運転モードには手動で切り替えることもできます。つまり、HEMSによってできることは「明日の天気の判断」のみということです。

参考【遅報】新・スマートパワーステーションが発表されていました!

続きを見る

実はこの機能、新・スマトパワーステーションの機能として紹介されていたりします。

ソーラー運転モードはお得なのか?

お金の絡むお話なので、恒例の本当にお得かどうかチェックのお時間と参りましょう。
通常の"電気代の安い時間帯に沸かすモード"と"ソーラー運転モード"、どちらのほうがお得なのでしょうか?単純に消費電力と電力単価で計算してみました。消費電力には3月9日の我が家の実記録である[6,108Wh]を使います。

  • 通常モード…電力単価16.30円/kWh
    6.108 * 16.30 = 99.5604円

これに対しソーラー運転モードは電力単価が0円ということもできますが…売電契約を結んでいる場合は、売電できたはずの電力を消費してしまっている、と捉えることもできます。

  • ソーラー運転モード…売電単価24円/kWh
    6.108 * 24 = 146.592円

従ってコストという考え方では売電契約が一定金額以上である限り通常運転モードのほうがお得と言えるでしょう。

まとめ

  • エコキュートはお利口さんで、沸かすお湯の量を自動で最適に設定してくれるんやで!
  • しかしながら我々の気ままなお湯の使い方のせいでお湯が足りなくなったり余ったりするから、エコキュートに任せっきりにせず色々試してみるんやで!
  • ソーラー運転モードは今の所"未来機能"やな!FIT終了勢や蓄電池があるお家は検討してみても良いかもしれんで!

-小話

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!