家づくりのヒント

リシェルSI vs タカラスタンダード「トレーシア」!新築キッチンにおすすめなのは…?

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/treasia/

SPSマン
会社でお昼ごはん食べてるとタカラスタンダードのCM流れるんですけど新しいキッチンで「トレーシア」っていうのが出たんですってね!(大声)
参考LIXILキッチン「リシェルSI」をレビュー!【収納篇】

続きを見る

我が家のキッチンはリクシルの「リシェルSI」なワケですが、他にもタカラスタンダードとパナソニックには実際にショールームに行って実物を見て検討しました。
黒系のキッチン」というコンセプトがあったのですが、各メーカー黒系のワークトップが選択できるキッチンが最上位グレードのものしかなく、タカラスタンダードで言えば「レミュー」、パナソニックで言えば「Lクラス」、そしてリクシルで言えば「リシェルSI」で検討することになりました。

「Lクラス」とリシェルSIとの比較

パナソニックの「Lクラス」はIHがそのままダイニングテーブルになるという画期的な魅力がありましたが、どちらかというと"リフォーム向け"であると感じました。

パナソニックより

めちゃくちゃ楽しそうですが、子供が小さいうちはちょっと危ないかなと感じてしまいますよね。セカンドライフを楽しむためのキッチンとしては大いに役立つでしょうが…Lクラスでは通常のIHも選ぶことが出来ましたが、そうなると単純に見た目勝負でリシェルSIに軍配が上がったという感じです。

「レミュー」とリシェルSIとの比較

一方タカラスタンダードの「レミュー」ですが…

タカラスタンダードより

SPSマン
なんかコレじゃないって感じだったんだよね!

この辺は完全に好みの問題ですので、タカラスタンダードを採用した皆様申し訳ございません!SPSマン的に、黒ワークトップのキラキラと扉材の選択肢の狭さがダメでした…。

とは言え、機能的にはタカラスタンダードが最も優れていると感じたのも確かです。キッチンのほぼ全ての部分がホーローで出来ていますのでキズ・油汚れに強く、磁石も使うことができます。

この磁石が付くという特性を生かして、マグネット式の収納パーツを取り付けることで収納を簡単に拡張できたり、

タカラスタンダードより

引き出し内の仕切りもマグネットになっており、サイズを自由に変えられるなど器用な使い方が可能です。

しかし"見た目"が第一だったSPSマンはタカラスタンダードの営業さんのプレゼンを聞きながらも、既にリシェルSIに心奪われていたのです…。(失礼)

しかし…ここに来てタカラスタンダードから新商品のキッチンが登場しました。
それが「トレーシア」です!

タカラスタンダード「トレーシア」の魅力

こちらタカラスタンダードさんのキッチンシミュレーションで作成してみた「トレーシアSPSマンカスタム」です。

SPSマン
どや?ええやろ~~!!(どや)

なぜ得意気なのか全く分かりませんが、ご覧のように今までのタカラスタンダードにはあまり無かったダーク系の色味を選ぶことができるようになっています!

タカラスタンダードより

このダーク系の色味というのはどうやらキッチン界隈の流行りの色味であるらしく、タカラスタンダード各ショールームでも、こういった組み合わせの展示が多いようです。

レミューでも触れましたが、タカラスタンダードのキッチンの良さは機能面にあります。当然、トレーシアもそういった機能を持っているわけですから、見た目さえ気に入れば最強のキッチンとなり得るわけです。

しかもトレーシアの優れているところはまだあります。
タカラスタンダードにおいてトレーシアは「中級価格帯」という位置づけです。
つまりどういうことかというと…

リシェルSI(2700mmSPSマンカスタム) : 2,631,700円(定価)

 

タカラスタンダードより

トレーシアくん(2550mm熊本ショールームモデル) : 1,204,600円(定価)

SPSマン
あまりにも安い…!!(感動)

もちろんフルオープンにしたり各機能をグレードアップさせたりすればもっと高くなるでしょうが、少なくともリシェルSIより"各ハウスメーカー何かしらの高額オプション1個分"くらいは安いのではないでしょうか…!
機能・価格・見た目の三拍子揃った、間違いなくおすすめできるキッチンなのではないでしょうか!

トレーシア、SPSマンならこうカスタムするぞ!

せっかくなので現状のリシェルSIの使い勝手を踏まえ、タカラスタンダードHPで確認できるものでだけですが、トレーシアをカスタマイズしてみましょう!

SPSマン
こうやな。(いつもの)

対面フルオープン…と行きたいところですが、

タカラスタンダードより

ホーローキッチンパネルという独自の魅力がありますので、せっかくタカラスタンダードを選ぶのであればこれを上手く収納やらに活かしたいところです。
従って先程のショールームのような「I型ペニンシュラ」にするのが良さそうですね!

食洗機

タカラスタンダードより

リシェルSIに搭載されている食洗機は深型を選びましたが、底から吹き出す水で洗うという構造上、底が深いよりも幅が広いほうがよく洗えるような気がしま。幅の分だけ収納が削れてしまいますが、TKWシリーズかNPシリーズを選ぶと良さそうですね!どんどん高額になっていくぞ!

水栓

間違いなくタッチレス水栓にしたほうがいいです!ハンドルを捻らなくていいというのがこんなに快適だとは思いませんでした!

タカラスタンダードより

そしてこれはタッチレス水栓を実際に使ってみての感想なのですが、上図のように吐水センサーが横にあるものを選んだほうが良いと思います!
これはなぜかと言うと、水栓の上部というのはモノや手、そして腕が通ることが思いの外多く、センサーが上部にあると誤爆してしまうことが多いためです!
センサー付きクラスであれば付いていると思いますが、ヘッド部分を引き出して使える「ハンドシャワー」機能もあったほうが良いですよ!というわけでこの一番高額な水栓を選びましょうね~!

トレーシアとリシェルSI、今キッチンを選ぶなら…?

SPSマン
予算次第です!(台無し)

リシェルSIには「セラミックワークトップ」という唯一性と他の追随を許さない扉材の豊富さがありますので…まぁもちろん自分が選んだものが一番良いと思いたいってのもあるけどな!(ぶっちゃけ)

しかしもし予算が限られていて、例えばセキスイハイムなら快適エアリーや外壁タイルを採用したいと思うのであれば、トレーシアを選ぶのは十分あり得たと思います。

冒頭で少しお話しましたが、SPSマンがキッチンを選びに各ショールームを周ったとき、「なんで黒が最上位グレードにしか無いんや…」と思った覚えがあります。

ですので、こういった中級価格帯のグレードに選択肢を増やしてくれるのはユーザーにとっては非常にありがたいですよね。リクシルやパナソニックさんもタカラスタンダードさんに続いてくれることを期待します!

もう引き渡しも終わっちゃったけどタカラスタンダードのショールームにトレーシア見にいってみたいな~!

-家づくりのヒント

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!