家具・家電

「Nature Remo mini」でエアコンを外出先から操作する!【スマートホーム計画】

【スマートスピーカー】サイバーマンデーセールでAmazon Echo Show 5が50%OFF!

続きを見る

【Echo Show 5】AlexaアプリでスマートフォンをEchoと連携!

続きを見る

サイバーマンデーセールで購入した「Echo Show 5」と「Echo Flex」の機能を色々試しているときのことでした。

SPSマン
というわけでiPhoneやiPadからもご飯だよコールやビデオ通話ができちゃったわけ。
奥様
すげー!
エアコンも外から操作できるやつなんだっけ?
SPSマン
・・・。

我が家のエアコン「白くまくん」のおさらい

参考ZEH対応エアコン「白くまくん」の性能と価格は?

続きを見る

我が家のLDK及び主寝室のエアコンはZEHの関係で機種が限定されており、日立の白くまくんZJグレードが引き渡し前に設置されることになっております。
このZJグレードというのはハイグレイードモデルという位置づけとなっており、最上位機種であるXJグレードとの違いは「内部にイオンを充満させる機能」と「ファンを自動で掃除する機能」が無いところにあります。
ZEH対応モデルということで省エネ性能については間違いないと思われますが、白くまくんに対するSPSマン的な不満点としてIoT機能が貧弱であることが挙げられます。
端的に言えば、エアコンをネットワークに対応させるために無線LAN接続アダプターを装着しなければならないのです。

お値段約9千円也。
一応カタログには「業者に取り付けてもらってね!」との記載がありますので、少なからず工賃も発生するでしょうし…
まぁなんというか、

SPSマン
そもそもそういった無線装置がエアコンに内蔵されてないのがスマートじゃないんじゃないの?

とSPSマンに思わせてしまうわけであります。SPSマンのSはスマートのSですからね。

H(閃き)SPSマン

SPSマン
エアコンはね…
SPSマン
別売りのアダプターを取り付けないとね…
SPSマン
しかもアプリから操作なのよね…Echoからじゃなくて…

・・・

・・・Echoから操作・・・?

SPSマン
エアコンを操作するのではなく、エアコンを操作するリモコンを操作できるようにすれば良いのでは???(天才)

奥様

スマートリモコン「Nature Remo mini」

というわけでスマートリモコン「Nature Remo mini」を購入しました!こちらもサイバーマンデーセールで4,980円でした。既に日立無線LANアダプターより安い!

箱の中身はRemo本体、USBケーブル、取扱説明書のみとシンプル。本体にスイッチらしきものが見当たりませんのでこれは完全にアプリから操作するタイプのものですね~。(一応リセットボタンのようなものはありました。)
それでは早速手順に従ってセットアップしていきましょう!

まずはRemo mini本体に電源を入れます。電源を入れると言っても先述しました通りスイッチがありませんので、USBから給電されると自動的にスイッチONとなります。USBケーブルがついているのはいいんですがUSB-コンセントのプラグが同梱されておらず多少不便を感じました。余っていたAppleのもので対応。
続いてスマートフォンにアプリをインストールします。「Nature Remo」で検索をかけるとヒットしました。画面に従ってセットアップを進めていきます。アプリとRemo mini本体を同期させるため、スマートフォンと機器本体をWifiで接続するとすぐに同期完了。
続いてエアコンを操作できるようにするため、エアコンのリモコンをRemo mini本体に登録します。

やり方はRemo mini本体をアプリからリモコン登録モードに設定し、リモコンを近づけて何らかのボタンを押して赤外線を認識させてあげるだけ。ものの数秒で登録が完了しました。

それでは…スマートフォンアプリからエアコンのスイッチを、ON!

エアコン < 「ピッ…ブォォォ(風)

SPSマン
うおおお!

奥様
おおお!

技術革命!これにてエアコンを外出先からも操作できるようになりましたが…これだけでは終わりません!
今度はRemo miniをAlexaアプリと連携させ、Echoから音声操作できるようにしましょう!

設定の仕方がが分からず少し手こずりましたが、Alexaアプリのデバイス項目からNature Remoを選択し、手順に従うと設定が完了しました。

それではやってみましょう…

SPSマン
アレクサ!エアコンをつけて!

Echoサン < ハイ。

エアコン < 「ピッ…ブォォォ(風)

奥様
すげぇ…。

SPSマン
文明開化やね…。

最近こんな記事ばっかですいませ~ん!

Remo miniにはタイマー機能や温度感知機能が備わっており、決められた時間にスイッチを動作させたり、「室温が何度以下になったら暖房を入れる」などのトリガーを設定することもできます。
また、アプリがスマートフォンの位置情報を読み取って家から離れるとスイッチをOFF、帰ってくるとスイッチをON、のような使い方も可能です。
朝方寒くなってきて起床が辛くなってきたSPSマンはとりあえず、起床の30分前にエアコン暖房をONにするという設定をしておきました!
Remo miniには上位機種が存在しますが、これには湿度センサー・人感センサー・照度センサーが備わっていますので発想次第で便利な使い方ができそうですね~。(とりあえず下位機種購入したマン)

-家具・家電

© 2020 セキスイハイムSPSでスマート生活!